メインバナー
故人様をお墓へ埋葬する際に必要となってくるのが「戒名彫刻」と「納骨の儀式」です。お葬式を済まされたのち、ご家族の皆様のご希望する時期に合わせて当社では対応させて頂いております。

 

戒名バナー

 

「戒名」とは、
もともとは昔、出家なされた僧侶が仏門の世界に生きる証として与えられる名前でした。現在でもその習慣は受け継がれており、生前を経てお亡くなりになった際は寺院の僧侶様により戒名を授けられます。亡くなったのち浄土にと導き成仏させるためと言われ、あの世においてのお名前といった意味合いになります。

 

墓誌に彫刻致します

 

授けられた戒名と一緒に
・亡くなられた日
・生前のお名前
・ご逝去された年齢
   を一緒に『墓誌』と呼ばれる石碑に彫刻します。

 

当社では、おひとりの彫刻で
35000円(税別)の費用にて彫刻させていただいております。
〇納骨(別途)と合わせての承りもできます。
〇ご先祖様が多く新しい墓誌が必要になった場合や、経年劣化による新規墓誌のご用意等も承っておりますのでご相談下さい。

 

戒名バナー

 

「納骨」とは、
火葬しご遺骨を骨壺(こつつぼ)に納めた後、お墓や納骨堂に納めることをいいます。
火葬されたご遺骨をお墓に埋葬する時期や規則または期日などは、定められた法律があるわけではありませんが『四十九日』の法要に合わせて行うのが一般的とされています。
四十九日の他にも、急な他界のためお墓の用意がまだであったりした場合などは一周忌であったり、葬儀の後ご親戚の皆様と一緒に納骨される場合などもあります。
当社では、納骨室開閉を含む納骨一式
15000円(税別)の費用で承っております。
〇納骨ご依頼の際にお墓のある場所を確認させて頂きます。その際は口頭説明でもご一緒にお墓の場所へ行く形でもどちらでも構いません。
〇当日は納骨の儀式をスムーズに執り行うため、お墓にお集まり頂く少し前にあらかじめ納骨室を開けさせて頂き、お墓の前にて皆様のお時間お集まりをお待ちしております。
〇お供えするお花とお線香は施主様のご用意をお願いいたしております。